24時間365日リアルタイムでの決済サービスを提供
24カード決済JP 24時間365日リアルタイム決済サービス
HOME
クレジットカード決済代行とは
24カード決済JPの特徴
決済インターフェース
リンクオープン形式
データ連携形式
一括処理形式
自動継続形式
個別処理形式
セキュリティーについて
ご利用料金
導入事例
FAQ
資料請求
お申し込み
提携ショッピングカート
会社概要
リクルート
個人情報保護方針
個人情報取扱いについて
お問い合せ
 
株式会社エクストラコマースは、チャレンジ25キャンペーンに参加しています。
 
超高性能メール配信システム メール配信プリモ
 
 
 
決済インターフェース
 
24カード決済JPでは、お客さまのビジネス環境やニーズに合わせてお選び頂けるインターフェース・ラインアップをご用意しています。大規模なトランザクションをスピーディーに実現する方法から、インターネットに接続できる環境があればすぐに利用可能な方法まで、幅広くお選び頂けます。

リンクオープン形式 指定のリンクを渡せば決済画面が表示され、簡単にすぐに導入して頂くことが可能です。
データ連携形式 決済終了後、各種パラメーターを付けて、指定のプログラムに処理を引き継ぐことができますので、システム構築の可能性が広がります。
一括処理形式 CSVデータによる一括決済処理が行えますので、大規模な決済処理にも有効です。
自動継続形式 前月度の決済情報をもとに、加盟店による簡単な操作で一括決済が可能です。
加盟店側でクレジットカード情報を保持する必要はありません。
個別処理形式 1件1件手入力により、個別に決済を行って頂くことも可能です。

※上記すべて、クレジットカードの与信(オーソリ)は、その場で行います。
 
データ連携形式
【特長】
◆決済終了後、各種パラメーターを付けて、指定のプログラムに処理を引き継ぐことができますので、
 システム構築の可能性が広がります。

◆例えば、次のような構築が可能です。
 ・ショッピングカートからのスムーズな連携
 ・決済終了後に、会員専用のページに移動
 ・決済終了後に取引のデータベースを構築 など、独自の処理を構築して頂くことが可能です。

◆引き渡し可能なパラメーターは、
 各自由項目、メールアドレス、決済の判定結果、オーダーID(取引番号)、決済金額、カード名義人などです。
◆遷移方法を、GET or POSTで指定することが可能です。
 
ショッピングカート
ジャンプ
決済画面
処理を戻す
ショッピングカート
ショッピングカート   [決済画面]   ショッピングカート

決済画面を経由した各パラメーターは、管理画面の中に反映されます。管理画面に表示される内容は次の通りです。
オーダーID決済金額決済の結果各自由項目メールアドレスカード名義処理区分取引日時などで、 管理画面では、取引データの検索や、CSV形式によるダウンロードも可能です。
 
ケーススタディ 1
ショッピングカートから連携し、決済終了後は加盟店側のサーバーで、取引情報を自動的にデータベース化するケース。
 
カートの中身 お客様情報の入力 決済画面
カートの中身
ショッピングカート形式の場合、 お客様が買い物ボタン等を押されれば、カートの中に商品をストックして行きます。
  お客様情報の入力
お客様情報を入力して頂く画面で、支払方法の選択肢を設けます。
クレジットカード以外の支払方法の場合、注文確定ボタンで、注文が終了します。
クレジットカードが選択された場合は、注文確定ボタンで自動的に決済画面を表示させます。
  決済画面
決済画面に移ります。(決済画面のデザインはHTMLレベルでカスタマイズが可能です)
決済画面には、ショッピングカートから、項目やメールアドレスの引き継ぎも可能です。
       
    売上管理 サンクスページ
24カード決済JPで提供する部分は、
)の箇所になります。 
加盟店オリジナルの売上管理
指定のプログラムに引き継ぐ際、 項目名やオーダーID、メールアドレス等の引き渡しも可能ですので、加盟店側のサーバーで取引情報をデータベース化することも可能です。
  サンクスページなど
決済が終了すれば、指定のプログラムに引き継ぎます。
決済OKまたは決済NGのパラメーターを引き渡しますので、サンクス画面や決済NG画面を表示して頂きます。
 
【解説】
◆決済画面の接続方法は、リンクオープン形式の場合と同じです。
 POST形式で連携される場合は、FORM ACTIONで弊社指定の決済URLに接続して頂き、
 項目などにつきましては、<INPUT type="hidden" name="項目名" value="内容">で明記して頂きます。

◆決済終了後の接続先は3箇所まで自由に設定でき、自由にそられを呼び出すことが出来ます。
 例/Aの商品を買われた場合は、Aのサンクス画面を出し、Bの商品を買われた場合は、Bのサンクス画面を出すなど。

◆決済終了後、決済OK or 決済NGのパラメータを引き渡します。(RC=0→決済OK RC=9→決済NG)

◆決済終了後の遷移方法は、POST形式か、GET形式かを指定して頂くことが可能です。

◆決済完了の自動メール送信については、24カード決済JP側でも付加してますが、この機能をOFFにした上で、
 加盟店側のプログラムから、決済完了のメールを自動送信して頂くことこも可能です。

◆引き継ぎが可能なパラメーターは、自由項目が3種類、メールアドレス、カード名義、決済OKまたは決済NG、
 オーダーID(取引番号)、決済金額になります。
 
 
ケーススタディ 2
決済終了後に、メンバー専用ページに接続するケース。
その他にも、決済終了後にパスワードを自動発行する画面を表示するなどの実現も可能です。
 
注文の確定 決済画面 メンバー専用ページ
注文の確定
加盟店サイトで、サービス内容の選択や注文を確定し、お客様情報などの入力を終えます。
  決済画面
決済画面に移ります。(決済画面のデザインはHTMLレベルでカスタマイズが可能です)
決済画面には、前のページから、項目やメールアドレスの引き継ぎも可能です。
  メンバー専用ページ
その他にも、決済終了後にパスワードを自動発行する画面を表示するなどの実現も可能です。
 
【解説】
メンバー専用ページを表示する手法としては、以下のような方法で実現可能です。

《方法1》
決済画面に移動する際に、パスワードキー等を自由項目を使って引き渡し、メンバー専用ページでそれを照合する。

《方法2》
決済画面に移動する際に、セッションID等をクッキーやセッションに保存し、メンバー専用ページでそれを照合する。

《方法3》
リファラーをチェックして、指定の接続元からのコンタクト場合に、メンバー専用ページを表示させる。

上記のような方法や、それらの組み合わせによって、加盟店サイトの規模にあった構築を行って頂くことが可能です。
 
 
All rights reserved. Coptright © Extra Commerce